スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際物流総合展2012 ~ バッテリーの怖い話

2012年9月11日から14日までビックサイトで開催された国際物流総合展2012
(LOGIS-TECH TOKYO 2012)にフィラデルフィアサイエンティフィックは出展しました!

さて、今回の展示会出展にあたっては弊社商品の販売に日頃からご協力頂いている
販売店さんにも多大な協力をいただきました。
今後の取組みについても、どんと来い!と、心強いお言葉を頂いてます。(感謝・感謝!)

その中の一つの試みをご紹介します。

「電動フォークリフトの現場で本当にあった怖い話」をブースに用意する

② それを見て立ち止り、一読して立ち去らない人に声をかける 
 ( 読み終わるまで待つ → そして、説明員と目が合います!)


  ※ご覧下さい。多くの方が立ち止って読んでくださいました。
2012.9.11-kowai.jpg



拡大すると・・・






kowai_2.bmp

ゾッとした方に問題解決 をご提案して参ります。

※多くの問合せを頂いており、ご提案に時間がかかっておりますがお許し下さい。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
TEL:03-3527-8060
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝
スポンサーサイト

国際物流総合展2012 ~ セミシールドバッテリー

2012年9月11日から14日までビックサイトで開催された国際物流総合展2012
(LOGIS-TECH TOKYO 2012)にフィラデルフィアサイエンティフィックは出展しました!

皆様のおかげをもちまして盛況のうちに執り行うことができました。
ブースにお立ち寄り頂いた皆様には心からお礼申し上げます。

さて、好評だったモノの一つがコレです。

実際のフォークリフト用バッテリー24セル48Vを想定したモデルを使用しての実演です。
 女性スタッフが補水をしても、約10秒程度のスピード! しかも、バラツキも均等に!

バッテリー一台あたり約20分程度かかる補水作業が、約10秒です。
仮に ・・・ 3台あれば、1時間。 それが、約30秒。その倍で試算しても1分程度です!
2012.9.11-demo.jpg
≪フォークリフト用バッテリーのセミシールド化によるさまざまなメリットの提案です≫

「セミシールド」の比較をしたパネルの写真撮影を希望される方が多かったので
ブース内でご案内していたパネルを掲載します。
%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89_%E3%83%91%E3%83%8D%E3%83%AB.JPG

製造業から倉庫業など、物流をご担当している方の問題解決の一つで、
既に多くの問合せを頂いております。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

国際物流総合展に出展されるDTバッテリー

トヨタL&Fのリーチ式、バッテリーフォークに搭載される交換用バッテリーです。

端子もボルト式(DIN仕様)で見慣れないスペックですが、インジェクター(圧力式)一括補水が
セットされています。

これが、フィラデルフィアサイエンティフィックの“スパイダー”です。
バッテリーへの設置が簡単で、圧力式(インジェクター)なので数秒で補水作業が完了します。
 ※配管スペースがとりづらいリーチタイプのバッテリーに好評です。
2012.9.5%20041s.jpg

国際物流総合展2012が9月11日からビックサイトで開催されますが、同様のスペックの
バッテリーが展示される予定です。

バッテリーはJISとDINのクリームスキミング。
セミシールド化され、密閉型と開放型のこれまたクリームスキミング。
補水は作業性が向上されるフィラデルフィアが標準採用です。

実は低コストでハイパフォーマンスが海外で好評なバッテリー、そのバッテリーが
今回新登場する「DTバッテリー」です。

フィラデルフィアサイエンティフィックの一括補水が標準採用されており、
既に多くの問合せが来ているようです。


お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
TEL:03-3527-8060
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝
プロフィール

PSマン

Author:PSマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。