スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォークリフト用 セミシールドバッテリー

一般的な鉛蓄電池は開放型(オープン)で、充電中に減ったバッテリー液を補水する
メンテナンスが必要です。
この面倒なメンテナンス(補水する)の手間がかからないバッテリーとして、メンテナンス
フリータイプの密閉型(シールド)バッテリーがあります。

自動車、トラック・バス等のエンジン始動用バッテリーは、エンジン回転中は基本的に常時
オルタネータで発電されるので、フォークリフトやゴルフカートのバッテリーとは水の減りも
異なります。
その為、シールドタイプのバッテリーが使われるケースも多くあります。

また、電動車両、牽引車、高所作業車、福祉機器、ゴルフカート等でモノブロックタイプの
EBバッテリーが使われるケースがありますが、はやり、補水の手間がかからない様にという
理由で密閉されているシールドタイプ(SEB)が多く使われる傾向にあります。


シールドタイプ(密閉型)の場合、補水が必要ないというメリットがある一方、価格も割高で
耐久性、そして寿命が開放型(オープンタイプ)に劣るというデメリットがあります。


フォークリフトのバッテリーに関しては、フィラデルフィアサイエンティフィックの一括補水、
インジェクタータイプの補水システムを装着することで、開放型(オープン)バッテリーを
半密閉のセミシールドバッテリーとして使用する事ができるので、特にコストの高い
フォークリフト用以外にもゴルフカート等のバッテリーにお勧めです。

比較表をご覧下さい。  ※セミシールドはちょうど中間に位置づけられます。
%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E6%AF%94%E8%BC%83%E4%B8%80%E8%A6%A7.JPG
※定期点検時、開放型のバッテリーは比重測定はできますが、
密閉型のバッテリーは比重測定ができません。
※インジェクタータイプの一括補水は、補充測定をする場合にはバルブキャップと
  配管が一体になっているので簡単に取り外せます。

一般的な開放型(オープンタイプ)のバッテリー  ※セル毎に補水キャップが付いてます。
%E5%8F%96%E4%BB%98%E3%81%91%E5%89%8DBT.JPG


半密閉型「セミシールドタイプ」のバッテリーになりました。
  ※一括補水(インジェクター)装着
%E5%8F%96%E4%BB%98%E3%81%91%E5%BE%8CBT.JPG

一括補水(インジェクター)はセミシールド型なのでフタもありません。
配管も一本なので点検時に取り外して比重測定やメンテナンスも可能です。

つまり、良いとこ取りをしたコストをかけずにバッテリーを長持ちさせる為の一つの方法です。

お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PSマン

Author:PSマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。