スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォークリフトバッテリーの熱とフロート式一括補水

フィラデルフィアの一括補水器は、圧力式(インジェクター)の他に
海外OEM用のフロート式ステルス(Stealth)があります。
     Stealth_Valve.JPG

配管方法はチューブを差し込むとロックして抜けないという水漏れ対策も
考えられています。
個々のセルのレベルを確認できるインジケーターもあります。※見易い!

日本国内でも装着事例があり、GSユアサ、新神戸電機(KOBE)にはもちろん、
海外ブランドの輸入バッテリーにも装着されます。

Stealth_Level.JPG
フロートもスライド式で、新たに追加され計6パターンに対応します。


ここで大きな特徴があります!

フロート式の補水バルブは、他社製品も同様だと思いますが残念ですが漏れます。
自動停止が止まらない事もあります。

理由は、充電中の熱や異物の付着でフロートが上下しなくなったり、
バルブ内部のOリングが劣化してしまうという点にもあります。

フィラデルフィアサイエンティフィックのフロート式一括補水器ステルスは、
配管の脱着がし易く設計され定期的に点検ができるようになっています。
※定期的に点検が必要です。
50DSCF3217.JPG

そこで発見!

バッテリーと接するアダプターのOリングが延びてます。 (赤丸)
考えられる理由は、熱です。
過充電したのか不明ですが、間違いなく熱が上がってしまったようです。
50DSCF3220.JPG

一括補水器の不良だ!と指摘される方もいらっしゃいますが、補水バルブが変形するほど
熱が上がってしまうのは、別に大きな問題があります。

ステルスは不具合のあるバルブは簡単に交換できますのですぐ対応可能です。
同時にバッテリーと充電器を調査するようご提案差し上げました。

バッテリーの熱(温度)は要注意なんです。
外気温が上昇し、飲料業界の物流も最盛期を迎えています。

バッテリーの点検時には補水確認をバルブを外して行いましょう。


お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PSマン

Author:PSマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。