スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッテリーは、充電と補水、そして清掃で長く使えます。

製造日が 96年の10月の「YUASA(ユアサ)」のバッテリーです。
1.SF1.jpg

あまり見かけない EBバッテリーと同じスクリュー(ネジ込み)式のキャップです。

車輌はトヨタのバッテリーフォーク 5FB25、バッテリーは565Ah/48Vです。 

2.SF1.jpg
バッテリー再生・延命は何もやってないそうです。 外観はキレイです!

点検整備をやっている業者の社長さん曰く「バッテリーの再生延命っていっても、
パルス発生装置か液を入れるかだろ?」と、バッサリです。
「ノウハウも開示せず、ユーザーに医者だ!魔法だ!奇跡だ!と、高額な費用を
出させている・・・」とお怒りです。
日々の充電と補水管理、そして清掃をちゃんとやればバッテリーは十分長く使える
そうです。




しかし、さすがに水減りが早くなり、フロートがうまく機能しなくなったという事で、
フィラデルフィアの圧力式「インジェクター」を装着する事になりました。



まず、スクリュータイプのアダプターをバッテリーにセットします。
3.SF1.jpg

そして、インジェクターを取付けます。 48V(24セル)を2分割補水です。
4.SF1.jpg

液面センサーは既存のものが使用できます。
5.SF1.jpg
 ※液面センサーのライト確認済み。

当然、稼働状況にもよりますが、維持管理でバッテリーの寿命は変わるというお話しです。


お問い合わせ先は・・・
Philadelphia Scientific Japan Inc.
http://www.phlsci.co.jp
TEL:03-3527-8060
info@phlsci.co.jp


Philadelphia Scientific Japan Inc. | Facebookページも宣伝
スポンサーサイト

tag : フォークリフト バッテリー コスト 補水 延命効果

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PSマン

Author:PSマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。